君が代は何位? イギリス テレグラフが発表したワールドカップ出場国 国歌ランキング

日刊紙を発行しているイギリスのテレグラフがワールドカップ出場国のランキングを発表しました。

どのような方法を用いたのか謎ですが「高度な科学的方法」で行われたそうです。国歌に優劣はないと思いますがランキングをつけられたら気になります。特に日本の君が代がどのように評価されているのか・・・

まずは32~16位。

32位 スイス

31位 ベルギー

30位 スペイン

29位 オーストラリア

28位 イングランド

27位 サウジアラビア

26位 韓国

25位 スウェーデン

24位 クロアチア

23位 チュニジア

22位 ナイジェリア

 

最下位のスイスは「葬儀のような賛歌」と酷評。自国の国歌を28位にした理由として「ひょっとしたら一般的な賞賛のため低迷しているという面があるかも」としています。22位のナイジェリア国歌に関しては冒頭のティンパニを「カンフー映画」と揶揄しいじり方にイギリスっぽさを感じます。

日本は下位を逃れたようです。

 

21位イラン

20位エジプト

19位セネガル

18位デンマーク

17位ペルー

16位セルビア

15位ロシア

14位日本

13位ウルグアイ

12位アルゼンチン

11位コスタリカ

 

19位セネガル国歌「フランスの交換留学生が演じるオペラのようなもの」とかなり厳しい評価し、15位のロシアに対しては「やや恐ろしい国のために少し恐ろしい賛歌」とユニークに表現しています。

そして君が代は14位にランクイン!

さて気になる評価ですが・・・

 

 

 

 

 

「堂々と、洗練された、叙情的」

おぉ!高評価^^

「そよ風が親友だという少年についてのお涙ちょうだいの日本映画にありがちな音楽」

とイギリス人らしい表現。また

「コロンビア国歌との深くて美しいコントラストが強調された」

と先日のコロンビア戦に触れています。全体的に良い表現で良かった。

さて、ここからトップテンの発表です。

 

10位アイスランド

9位ドイツ

8位ポーランド

7位パナマ

6位ポルトガル

5位モロッコ

4位ブラジル

 

ニューヨークに本社を置き、中東北アフリカのニュースを配信しているモロッコ ワールドニュースはモロッコ国歌が5位に選ばれた事を

「他のアフリカ諸国の賛歌は芳しくない・・・セネガルとエジプトはそれぞれ19位と20位、ナイジェリアは22位、チュニジアは23位となった。今年のワールドカップのグループリーグの中でモロッコ国民の情熱を破ったのはフランス(第1位)、コロンビア(第2位)、メキシコ(第3位)、ブラジル(第4位)のみだった」

と伝えています。

4位ブラジルはワールドカップの際、その力を最大限に発揮する国歌かもしれません。テレグラフも

「ワールドカップで歌っている際は恐ろしいほど強烈で、彼らにインスピレーションを与えるよりもプレイヤーに圧力をかけるようだった」

と評価。

ベスト3です。やはりあの国歌が残っていました。

 

3位メキシコ

2位コロンビア

1位フランス

 

どの曲も名曲です。どの曲もサポーターと共に盛り上がるというような趣旨の事が書かれています。こうなると日本はちょっと不利だったかもしれませんね。

それにしても・・・

南米勢は国歌でも強いのか!

 

元ネタ

https://www.telegraph.co.uk/world-cup/2018/06/28/world-cup-2018-every-national-anthem-ranked/

Follow me!

【2019年1月25日(金)開催】 大使館で国際交流 第15回ワールドフードラリー inアフガニスタン大使館

2019年はアフガニスタンにとって建国から100年と節目の年です。
これを機会に最近報じられにくくなったアフガニスタンとはどういう国なのか改めてご紹介します。

同国大使館は昼間に一般開放しているのですが、夜に開放することは稀。この貴重な機会を皆さんと共有できたらと思います。
素敵大使館の一つアフガニスタン大使館でお国紹介を聞いて、
大使館専属シェフが手がけたアフガニスタン料理を食べて、
外交官と交流して、
アフガニスタンの魅力を体験しませんか?
日本の皆さんにアフガニスタンに今一度関心を持っていただけたら嬉しいです^^

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②大使館シェフによるアフガニスタン料理を食べながら外交官・参加者との交流
③アフガニスタン国歌斉唱(練習をみんなでします!)