ユーチューブから国歌が消えたフィンランド

11月30日、今月6日で独立100周年を迎えるフィンランドで、ユーチューブから国歌が消えるという事件がありました。

実は国歌に限らずアップされていた多くのミュージックビデオがブロックされ、フィンランド人利用者が見れない状態になってしまったんです。

ユーザーは「あなたの国では利用できない」というメッセージを音楽動画の代わりに見る羽目になってしまいました。

ちょっと信じられないような話ですが本当にあった出来事です^^;

12月6日で独立100周年を迎えるという事もあり、ユーザーからは

「フィンランドでは国歌から江南スタイルまでのすべてが現在利用できない」

といったコメントや

「何百人ものフィンランド人が、この思い出深い日に国歌を流すことができないかもしれません」

と嘆くネット記事も。

原因は、フィンランドの著作権管理団体であるTeostoとユーチューブとのライセンス契約が合意に達する事が出来なかったためでした。

その日中に契約合意がされたものの、消されてしまった動画のアップには時間がかかります。

一国のユーザーを契約ができなかったからと言ってすっぱと切ってしまうのはすごいですね。彼らに忖度はないのでしょうか^^;

ユーチューブ恐るべし・・・