【シリーズ】リオ五輪を振り返る 国歌で ~④イギリス国歌に「べろ~ん」~

国歌には敬意を払うのが当たり前!?

プロジェクトのイベントで国歌を参加者と歌う時、起立と脱帽を”お願い”している。

これは相手国への敬意を示すためだ。

しかしこれは強制ではない。あくまでも”お願い”だ。

でも、ほとんどの方々は立ち、脱帽をしてくれる。

本当にありがたい。

”お願い”にこだわるのには理由がある。

「強制から敬意は生まれない」

と思うからだ。

今回は国歌に対する歌い手の想いについて考えさせられた珍事件をご紹介。

 

イギリス国歌に 舌べろ~ん事件

自転車競技では史上最多の8つのメダルを獲得し、サーの称号を持つイギリスのブラッドリー・ウィギンス。

彼は今回、追い抜き団体で金メダルを取ったのだが、メダル授与式での行動が問題となった。

ウィギンスが目を見開き舌を出した顔を写した後、

チームメイトが思わず笑ってしまっている様子が映されている。

みなさんはどう思われますか?

英国内の反応は

「おろか者だ」 「彼だから許される」 「爵位を剥奪すべきだ」

と賛否意見が出ている。

個人的には、この映像を何度も見ていると「憎めないキャラクターだなぁ」と笑えてくる。

などことなく憎めない

などことなく憎めない

国歌に敬意を払うかはその人次第

”国歌には敬意を払う”

その意見に異論はない。

しかし、敬意を強制することは出来ない。敬意は内から出てくるものなのだから。

国歌に対して色々な考えがあってもいいと思っている。

筆者は以前、ヨルダンで出会ったイギリス人女性に国歌を歌ってほしいとお願いをした事があった。

彼女はガザ地区でボランティアをしていると言っていた。

歌ってくれたのだが、歌い方がすごくイヤイヤだ。敬意を微塵にも感じない。

「私は王室が税金泥棒だと思っているから敬意なんて払えない」

それが彼女が嫌々歌う理由だった。

イギリス国歌『ゴッド セーブ ザ クイーン』は王室が末永く続きますようにという内容の歌詞。

彼女のように王室に対して批判的な意見を持った人が敬意を持って歌うのは難しい曲だ。

ウィギンスのように浮かれてやってしまった事と一緒にするのはお門違いだが、

彼女のように国歌に対して批判が出来る社会の空気があるというのは大事なことだ。

 

話戻って舌を出した件だが、

これが他国の国歌演奏中だったら問題だ。

でも頑張って手に入れた金メダル。

勝ち取った表彰台にあがりカメラでアップで写されたらお茶らけちゃうかもしれないし、自国なら許してあげても・・・

と言うのは言い過ぎだろうか^^;

【残席5】大使館で国際交流 ニカラグワじゃないよ、ニカラグア編

その国を知り、その国の料理を食べ、その国の方(外交官)と交流し、その国の国歌を歌って、楽しく様々な国の魅力を知ろうというイベントです!
今回は中米最大の面積を持つニカラグア。

会場は複数の大使館が入るKOWAビル内にあるラテンアメリカサロンで開催します。

大使館に行ってみたい!
外交官と国際交流がしたい!!
様々な国の料理が食べたい!!!
知らない国の事が知りたい!!!!

そんな皆さんにおすすめです。

~イベント詳細~
【日時】 
2019年11月8日(金) 
18:30~21:30(開場18:00)
遅れてご参加の場合事前にお知らせください。
対応可能です。

【場所】 
ラテンアメリカサロン(ニカラグア共和国大使館と同じ建物)
(東京都港区西麻布4丁目12−24 興和ビル8F)

【参加資格】
中学生以上

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②ニカラグア料理を食べながら外交官・参加者との交流
 ニカラグアコーヒー、お酒出ます。
③ニカラグア国歌斉唱
 (カタカナ表記の歌詞を見ながら練習をします)
④民族衣装の試着(希望者)
⑤大使館提供の景品をかけた大使とジャンケン大会