コートジボワール共和国 国歌「アビジャンの歌」

コートジボワール共和国 国歌「アビジャンの歌」

1:17~はフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』が歌われます。こちらも良いです!

タイトル

L’ABIDJANAISE(確認中)/アビジャンの歌

作詞

Pierre Marie COTY /確認中

1927年11月22日アビジャンのアンヤマアジャメ生まれ。勉学のため故郷を離れるも、第2次世界大戦をきっかけに帰国すると、フランスによる強制労働を3年間強いられる。この頃、アフリカ宣教協会の神父との出会いが、神父への憧れに繋がったと自身で語っている。
その思いを持ち続け1943年に、ビンガービイルにあった聖職者の寄宿舎に入舎。1948年にはダホメ王国(現ベナン)に行き神学を学び、帰国後の1955年7月17日には司祭に叙階され、コートジボワールで16人目のカトリック司祭だった。その後、小学校の教師や校長を務め、フランスで社会学の研究も行う。1963年に帰国するとアビジャンの司教総代理に、1975年にはダロア教区の司祭に任命された。2005年まで司教を務め、その後は名誉司教となる。2020年7月17日にアビジャンの病院にて93歳で逝去した。

作曲

Pierre Michel PANGO /確認中

1928年2月17日コートジボワール・タブー生まれ。カトリック司祭。1993年10月20日逝去。

採用年

1960年7月27日

この日、国歌を定める法律が採択された。

成り立ち

1959年、同国初代大統領のウフェ・ボワニが主導し、国歌を選ぶコンテストが行われた。そこで優勝した曲が、独立10日前の1960年7月27日の法律第60-207号によって国歌として採択された。
作詞をしたコティの証言によれば、コンテスト開始前に、後の観光大臣マシュー・エクラ議員が作曲を行ったMichel PANGOに軍の行進曲のような曲を作って欲しいと依頼に来たという。コンテスト開催のことを知らず匿名でエクラ議員のために曲が作られた。コンテストの募集が始まると、Michel PANGOは匿名で作った曲と、自身の名で作った曲を競わせたくないという理由で参加を拒否したという。しかしウフェ・ボワニ大統領が参加を切望している旨をArsène Usher Assouan議員が伝えると参加を決める。
(ここはコティの証言が曖昧になっている。別のインタビューでは教会は政治から離れなければいけないという理由で聖職者は参加しない予定でいたが、大統領の指示で参加することになったと述べている。この時代、セネガルやベナン、ブルキナファソと聖職者が国歌制作に係る事案が多かったことからも、為政者が参加を求めるのも自然なことだったと言える。)
コティの希望で完成した曲を5回演奏してもらい、1日で歌詞を書き上げた。コンクールの結果はエクラの作品は5位となり、優勝したのはPANGOが本名で出したコティとの作品だった。
1960年8月7日の独立宣言式典で共和国親衛隊が演奏したのが公の場での初演。
同年、オリジナルの歌詞が政治的内容が強いという理由でウフェ・ボワニ大統領がマシュー・エクラに修正を依頼し現在の形になった。(修正が加えられた箇所がはっきりしない)
以降、公文書からコティの名が消え、作詞者はマシュー・エクラとされてしまう。コティは修正を依頼し続けたが受け入れられることはなかった。しかし2010年にアラサン・ワラタが大統領になり状況が変わる。2013年10月18日閣僚会議で作曲家死後20年を記念し国歌を改めて定義する議題が持ち上がり、同年11月6日、政府は制作者の2人に“国歌の司令官”という称号を与え、コティが作詞家であることを認めた。それと同時にマシュー・エクラの名が消えることとなる。

EXCELSIOR

憲法では以下の通りに記載されている。

第二章48条
国歌はアビジャンの歌とする。

♪♪

1960年7月27日に採択された法律第60-207号、更に制作者が再評価された後の2016年11月08日に採用された法律第2016-886号というのがあるという記述を見つけたが、内容は確認できていない。

♪♪♪♪

刑法は確認できなかった。

♪♪♪♪♪

Bingervilleにある神学校にはMichel Pangoによって書かれた多くの楽譜が今でも保存されている。

♪♪♪♪♪♪

Michel Pangoの名を冠した通りがアビジャン・Treichvilleにある。

♪♪♪♪♪♪♪

多くが1番とリフレイン部分が歌われる。オリジナルは5番まであるが全てが法律で認められているかは不明。

♪♪♪♪♪♪♪♪

Michel Pangoは制作後の1964年に渡仏しパリに本社がある著作権管理団体sacemに曲の権利管理を委託した。現在は政府が管理している。

歌詞

【1】

Salut ô terre d’espérance

Pays de l’hospitalité

Tes légions remplies de vaillance

Ont relevé ta dignité.

Tes fils, chère Côte d’Ivoire,

Fiers artisans de ta grandeur,

Tous rassemblés pour ta gloire,

Te bâtiront dans le bonheur.

【リフレイン】

Fiers Ivoiriens, le pays nous appelle

Si nous avons, dans la paix, ramené la liberté,

Notre devoir sera d’être un modèle

De l’espérance promise à l’humanité.

En forgeant unis dans la foi nouvelle,

La patrie de la vraie fraternité !

歌詞 日本語訳(製作中)

【1】

Salut ô terre d’espérance

Pays de l’hospitalité

Tes légions remplies de vaillance

Ont relevé ta dignité.

Tes fils, chère Côte d’Ivoire,

Fiers artisans de ta grandeur,

Tous rassemblés pour ta gloire,

Te bâtiront dans le bonheur.

【リフレイン】

Fiers Ivoiriens, le pays nous appelle

Si nous avons, dans la paix, ramené la liberté,

Notre devoir sera d’être un modèle

De l’espérance promise à l’humanité.

En forgeant unis dans la foi nouvelle,

La patrie de la vraie fraternité !

歌詞 カタカナ読み(製作中)

【1】

Salut ô terre d’espérance

Pays de l’hospitalité

Tes légions remplies de vaillance

Ont relevé ta dignité.

Tes fils, chère Côte d’Ivoire,

Fiers artisans de ta grandeur,

Tous rassemblés pour ta gloire,

Te bâtiront dans le bonheur.

【リフレイン】

Fiers Ivoiriens, le pays nous appelle

Si nous avons, dans la paix, ramené la liberté,

Notre devoir sera d’être un modèle

De l’espérance promise à l’humanité.

En forgeant unis dans la foi nouvelle,

La patrie de la vraie fraternité !

国歌に関するリンク

【政府ポータル“LES SYMBOLES DE LA RÉPUBLIQUE”】
https://www.gouv.ci/_symbolesdelarepublique.php

【大統領府“2016年憲法”】
https://www.presidence.ci/constitution-de-2016/

【公務員および行政の近代化省“共和国のシンボル”】
https://www.fonctionpublique.gouv.ci/index.php/front-page/navigator/statics/menu/ministere/mfp-symbolesrepublique

【国防省“LA MUSIQUE MILITAIRE”】
https://www.defense.gouv.ci/culture/musique

【RTL“l’auteur de l’hymne national est décédé à l’âge de 93 ans”】
https://www.rtl.fr/actu/international/cote-d-ivoire-l-auteur-de-l-hymne-national-est-decede-a-l-age-de-93-ans-7800677668

【Fratmat.info“Mgr Pierre-Marie Coty : Un an après sa disparition, son sacerdoce en un ouvrage saisissant !”】
https://www.fratmat.info/article/213896/culture/biographiemgr-pierre-marie-coty-un-an-apres-sa-disparition-son-sacerdoce-en-un-ouvrage-saisissant-

【@BIJD@N.NET “Anyama célèbre Mgr Pierre-Marie Coty”】
https://news.abidjan.net/articles/496408/hommage-anyama-celebre-mgr-pierre-marie-coty

【@BIJD@N.NET “Mgr Pierre-Marie Coty : Lucarne sur l’homme et ses 65 ans de vie sacerdotale”】
https://news.abidjan.net/articles/677459/mgr-pierre-marie-coty-lucarne-sur-lhomme-et-ses-65-ans-de-vie-sacerdotale

【@BIJD@N.NET “60ème anniversaire de l’Abidjanaise/ Le gouvernement invite chaque citoyen à œuvrer pour la paix”】
https://news.abidjan.net/articles/677139/60eme-anniversaire-de-l8217abidjanaise-le-gouvernement-invite-chaque-citoyen-a-oeuvrer-pour-la-paix-declaration

【@BIJD@N.NET “Communiqué du conseil des ministres du vendredi 18 octobre 2013”】
https://news.abidjan.net/articles/477925/communique-du-conseil-des-ministres-du-vendredi-18-octobre-2013

【LACROIX“Mgr Pierre-Marie Coty, l’évêque parolier de l’hymne national ivoirien”】
https://africa.la-croix.com/mgr-pierre-marie-coty-leveque-parolier-de-lhymne-national-ivoirie/

【VATICAN NEWS“Côte d’Ivoire : Décès de Mgr Pierre Marie Coty”】
https://www.vaticannews.va/fr/afrique/news/2020-07/cote-d-ivoire-deces-de-mgr-pierre-marie-coty.html

関連記事