隠れ家カフェでユニークなニュージーランドコーヒーを堪能 MOJO COFFEE(モジョ コーヒー) ~新宿区神楽坂~

ニュージーランドコーヒーを出すMOJOを目指して

神楽坂駅から徒歩1分のところにある赤城神社。

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

駅からここまで坂もなくすぐに行けちゃいます

 

神社の東側は赤城という地名の下町が広がっていて観光客はほとんど来ません。

でもこのあたり、小さなケーキ屋や個展が開かれるギャラリーがあったりと

素敵なお店が隠れている侮れない地域なんです。

今回は神社の東側にある赤城坂を下ります。明治20年代に出された『新選東京名所図絵』には

「車通るべからず」と書かれるほどの坂で今でも傾斜がきついです。

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

帰りのことは考えません・・・考えたら下りません

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

下ってすぐ右側に看板が!

 

ニュージランドスタイルコーヒーとは?

ご紹介するのはニュージーランドスタイルのコーヒーを出す

MOJO

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

看板だけだと何の店だかよく分かりません

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

先ほどの看板のところで曲がるとオシャレな看板があります。ここが入り口

 

内装はブラックを基調とした落ち着いた雰囲気の空間。

席はカウンターを除き全て窓側にあります。どこか開放的な気分になるのは

そのせいでしょうか。

周囲を別のお客さんに囲まれている席に座ってしまうと

落ち着かないということがありますがここではそれがありません。

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

一人でも二人でも利用できる雰囲気

 

カウンターには手作りサンドウィッチなどが並びます。

ガラスに値段書いちゃうなんてオシャレ!

実はこれらは全て手作り。1階で作っているんだそうです。

7一見無造作に置かれているようなディスプレイ

81階は作業所、2階カフェ、3階は事務所なんだとか

 

MOJOはニュージーランドで20店舗以上を展開しているカフェグループ。

世界進出の第一歩として選ばれたのが日本で、ここはその1号店なんです。

オープンしたのは2012年で、先月日本での2号店となる店舗が早稲田にオープンしています。

店名のMOJOはアフリカの言葉で魔よけの呪文らしい。

利用したお客さんが浄化されたような気分になれるように

という想いが込められているんだとか。

 

あまり知られていませんがニュージーランドやオーストラリアはコーヒー文化が盛ん。

オーストラリアでは既存のコーヒー文化が根付き、あのスターバックスコーヒーが撤退してしまったほどです。

そんなオーストラリア国歌を知りたい方はコチラ

そしてニュージーランドは人口一人当たりの焙煎機所有者数が世界一というコーヒー大好き国家。

では早速ニュージーランドコーヒーを・・・とメニューを見ると見慣れない言葉が

 

ショートブラック?

ロングブラック?

 

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

「グ、グランデってなんですか?」と初めてスタバに行った時と重なる・・・

 

店員さんに聞こうかな。

でも「そんなことも知らないんですか?」みたいな顔で一瞥されたらどうしよう・・・

恐る恐る聞くと想像に反して、とっても丁寧に教えてくれました。

ショートはエスプレッソで、ロングはそれにお湯を足したコーヒーとの事。

今回はロングを頼みました。

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

確かに濃い

 

見た目どおり濃いですし苦味が強い!

エスプレッソにお湯を加えたものということで量も少なめ。

コーヒー豆が凝縮された味を楽しみたい人にはオススメです。

常連客は苦めのコーヒー好きが多いとのこと。

オーストラリアに留学経験がある店員さんの話では

ニュージーランドなどのオセアニアでよく見られるコーヒースタイルなんだそうです。

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

壁にはオリジナルコーヒーカップが並びます。販売用じゃないのが残念

 

なぜニュージランドでコーヒーが?

それにしても不思議じゃありませんか?

もともとはイギリスの植民地だった国。発展するのは紅茶文化では?

なぜコーヒー文化が発展したのでしょうか?

 

もともとはやはり紅茶文化だったようです。それが変わったのが第二次世界大戦後。

労働力不足を補うため、様々な地域から移民を受け入れました。

その中でも多かったのがイタリア人移民。

彼らが持ち込んだ文化の影響を受けエスプレッソコーヒーを飲む習慣が出来たと言われています。

 

独立後およそ30年間、イギリス国歌がニュージーランド国歌として歌われていた。

しかし、現在ではニュージーランド独自の曲が作られ国歌として歌われています。

ニュージーランドは植民地時代、他国の文化に染められたが、独立後独自の文化を確立。

既存の国歌や文化(もちろんコーヒーも)を自分色に染め直し今のニュージーランドが存在します。

ニュージーランドは「新しい海の地」という意味。

ニュージーランドコーヒーはニュージーランドがイタリア移民を多く受け入れたという独自の歴史から生まれた独自の文化だ。

国歌も独自の路線をたどっています。

それは先住民との共存の道。

国歌もそれを象徴するように最初、先住民マオリ族の言葉マオリ語で歌われ、その後英語で同じ内容の歌詞で歌われます。

文化も国歌もその国の歴史を現しているんですね^^

 

さて覚えていますか?

MOJOは魔よけの言葉。

MOJOに行って、近くの赤城神社でお参りしたらリフレッシュすること間違いなし!!

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

赤城神社でのお参りも忘れずに

 

勉強に仕事に疲れたらニュージーランド文化に浸りに行ってみてはいかが?

MOJO,神楽坂,ニュージーランドコーヒー,モジョ

 

お店情報

【MOJO COFFEE(モジョ コーヒー)】

住所   東京都新宿区赤城元町4-11

TEL   03-6265-3286

営業時間 曜日によって違うのでお問い合わせください

【満員御礼】大使館で国際交流 ニカラグワじゃないよ、ニカラグア編

【現在キャンセル待ちを受付中です】
その国を知り、その国の料理を食べ、その国の方(外交官)と交流し、その国の国歌を歌って、楽しく様々な国の魅力を知ろうというイベントです!
今回は中米最大の面積を持つニカラグア。

会場は複数の大使館が入るKOWAビル内にあるラテンアメリカサロンで開催します。

大使館に行ってみたい!
外交官と国際交流がしたい!!
様々な国の料理が食べたい!!!
知らない国の事が知りたい!!!!

そんな皆さんにおすすめです。

~イベント詳細~
【日時】 
2019年11月8日(金) 
18:30~21:30(開場18:00)
遅れてご参加の場合事前にお知らせください。
対応可能です。

【場所】 
ラテンアメリカサロン(ニカラグア共和国大使館と同じ建物)
(東京都港区西麻布4丁目12−24 興和ビル8F)

【参加資格】
中学生以上

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②ニカラグア料理を食べながら外交官・参加者との交流
 ニカラグアコーヒー、お酒出ます。
③ニカラグア国歌斉唱
 (カタカナ表記の歌詞を見ながら練習をします)
④民族衣装の試着(希望者)
⑤大使館提供の景品をかけた大使とジャンケン大会