知らなきゃ恥?日本で最も有名なドイツ人ホフマン・フォン・ファラースレーベンって誰だ? 

アウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベンという名を聞いたことがあるでしょうか?恐らく多くの人が初めて聞いた名前だと思います。

ドイツ連邦共和国の国歌『ドイツの歌』の作詞者であり、小惑星にファラースレーベンと名前が冠されているほどドイツでは重要な人物。でも日本での知名度はかなり低いです。

しかし調べてみると日本でも馴染みのある人だという事が分かってきました。

ドイツの有名人と言えばベートーヴェンではないでしょうか。小学生でも知っている超有名ドイツ人です。ではベートーヴェンの作品をいくつ知っていますか?

『運命』に『第九』、あとは・・・作品名を挙げられる数は限られてくるのではないでしょうか。

一方、今回の主役であるホフマン・フォン・ファラースレーベンの作品(作詞)は幼稚園児でも知っている作品ばかり。何百という民謡の作詞をしてきた人物で、「これ、日本の歌じゃなかったの!?」というものが多数あります。

 

『ぶんぶんぶん』(Summ, Summ, Summ)

筆者は大学時代ドイツ語の授業で歌いました。懐かしい・・・

https://www.youtube.com/watch?v=_-cyOy-3r80

 

『かっこう』(Kuckuck, Kuckuck)

これはピアニカで弾いた記憶が。

https://www.youtube.com/watch?v=LhY8fkLGGIg

 

『かえるの合唱』(Froschgesang)

「カエルの歌がー聞こえてくるよー」でお馴染みですね!

 

『池の雨』Ein Männlein steht im Walde

ヤマハ音楽教室CM曲「ドレミファソーラファ、ミ・レ・ド ソーファミソファミレ」で聞きなれた曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=k5wllWCkGyo

 

 

隠れた超有名人である事はご理解いただけましたか?

結局何者なのかと言いますと、詩人で学者であり本国ではドイツ国歌の作者として知られている人物です。民謡の収集出版,文献学の業績もあります。

彼に限らず、国歌の作詞作曲者を調べるとユニークな経歴やエピソードが満載!

今後も魅力的な国歌制作者たちをご紹介していきます。

お楽しみに!!

【満員御礼】大使館で国際交流 ニカラグワじゃないよ、ニカラグア編

【現在キャンセル待ちを受付中です】
その国を知り、その国の料理を食べ、その国の方(外交官)と交流し、その国の国歌を歌って、楽しく様々な国の魅力を知ろうというイベントです!
今回は中米最大の面積を持つニカラグア。

会場は複数の大使館が入るKOWAビル内にあるラテンアメリカサロンで開催します。

大使館に行ってみたい!
外交官と国際交流がしたい!!
様々な国の料理が食べたい!!!
知らない国の事が知りたい!!!!

そんな皆さんにおすすめです。

~イベント詳細~
【日時】 
2019年11月8日(金) 
18:30~21:30(開場18:00)
遅れてご参加の場合事前にお知らせください。
対応可能です。

【場所】 
ラテンアメリカサロン(ニカラグア共和国大使館と同じ建物)
(東京都港区西麻布4丁目12−24 興和ビル8F)

【参加資格】
中学生以上

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②ニカラグア料理を食べながら外交官・参加者との交流
 ニカラグアコーヒー、お酒出ます。
③ニカラグア国歌斉唱
 (カタカナ表記の歌詞を見ながら練習をします)
④民族衣装の試着(希望者)
⑤大使館提供の景品をかけた大使とジャンケン大会