シリア・アラブ共和国 国歌「シリア・アラブ共和国の国歌」

 

シリア・アラブ共和国 国歌「シリア・アラブ共和国の国歌」

 

タイトル

النشيد العربي السوري確認中)/シリア・アラブ共和国の国歌

『حــماةَ الــديارِ(ホゥマータッディヤール)/祖国の防衛者たち』の名で紹介されることが多い。大使館に問い合わせると、この名前で間違いないと案内された。しかし法律「シリア・アラブ共和国の国旗、国歌、国章の識別」や、外務省のホームページでは上記のタイトルが記載されている。

作詞

خليل مردم بك / ハリール・マルダム・ベイ

1895年7月1日ダマスカスで生まれ。大臣補佐などを務め、役人としてのキャリアを築くも、1920年に、フランスの委任統治領になると解雇されてしまう。翌年、文学協会を仲間とともに設立。1925年にはフランス統治を批判する詩を発表したことで、追われる身となり海外に逃亡するはめに。その中でロンドンの大学に入り博士号を得る。1929年ダマスカスに戻ると、国立科学大学のアラビア文学部長に就任。その後、教育省や保健省で務め、51年には駐イラク大使となる。海外でも活躍し、複数国のアカデミーや科学評議会などに所属し活動した。
1959年7月21日逝去。
ダマスカスには彼の名がつけられた通りがある。

作曲

محمد فليفل / モハンマド・サリム・フレイフェル

弟のアハマド・サリム・フレイフェルも制作に携わったという情報を見ることがあるが、公の情報源からは確認できなかった。兄弟での共作も多い。
モハンマドは1899年にレバノンのベイルート生まれ。国歌作曲の業績が認められシリアの第一級功労勲章を受章している。シリアだけでなく、旧イラク国歌も手掛けた。
1986年逝去。

採用年

1961年9月30日

成り立ち

1920年からフランスの統治下にあったシリア。1935年の終わりに国歌の歌詞を決めるコンテストが政府主催で行われ、優勝したのがハリール・マルダム・ベイの詩『祖国の防衛者たち』だった。翌年、フランスと同盟条約を締結し事実上の独立を果たすと1938年には『祖国の防衛者たち』に合う国歌にふさわしいメロディを決めるコンテストが行われた。60人あまりの作曲家が参加したと言われている。そこで評判が良かったのが現国歌のメロディだった。しかしこの歌が国歌になるには2つの問題が立ちふさがった。一つは、同盟関係にあったフランスがドイツと停戦協定を結んだことで、連合国の進軍に合う羽目になってします。1940年には連合軍に首都ダマスカスを占領されてしまい国歌どころではなかった。もう一つは、選考でライバルとなった作品の作曲者が、音楽業界の著名人だということ。選考委員の中には、その著名人の作品にするべきだという意見がありまとまらなかったという。フレイフェル兄弟は音楽に造詣があった議会議長のFaresal-Khuryに助けを求めた。議長は「時期尚早」であるとし「この歌を学校で教えるように」とアドバイスをしたと言われている。
本当の独立を果たしたのは第二次世界大戦終結後の1946年。国歌初演の記録は、この年の4月17日の独立記念日にダマスカスで行われた軍事パレードの場。それ以来、『祖国の防衛者たち』の歌詞を用いた歌が国歌として歌われることとなる。
その後1958年エジプトと、アラブ連合共和国を結成すると国歌がواللهزمانياسلاحي』に変更されるが、1961年にクーデター発生し連合が解消すると国歌が『シリア・アラブ共和国の国歌』に再び定められた。

EXCELSIOR

憲法では以下のように定められている。

第6章
(前半省略)法律によって、国家の象徴、国歌、それぞれの規定が明記される。

♪♪

1961年9月30日に制定された『シリア・アラブ共和国の国旗、国歌、国章の識別』ではシリア・アラブ共和国の国歌が国歌であることが規定されているのみ。

大使館によると他にもあるようだが、見つけることが出来なかった。

♪♪♪

小学校では毎週月曜日、校庭で全校生徒が国旗を掲揚しながら国歌を歌うことが義務とされ、内容について理解できるよう授業で取り扱われ、歌詞やその意味を問うテストもある。

♪♪♪♪

国歌の内容変更には議会の承認と国民投票が義務付けられいる。
大使館からの情報だが、公の文章は確認できていない

♪♪♪♪♪

4行連で韻が踏まれている。

Humāta d-diyāri alaykum salām
Abat an tazilla n-nufūsu l-kirām
Arīnu l-urūbati baytun harām
Wa-arshu sh-shumūsi himan lā yudām

Rubū’u sh-sha’āmi burūju l-‘ala
Tuhāki s-samā’a bi-āli s-sana
Fa-ardun zahat bi-sh-shumūsi l-wida
Samā’un la-‘amruka aw ka-s-sama

Rafīful ʾamāni wa-khafqul fuʾād
Alā alamin ḍamma šamlal bilād
Amā fī-hi min kulli ʿaynin sawād
Wa min dami kulli šahīdin midād

Nufūsun ʾubātun wa māḍin majīd
Wa-rūħul ʾaḍāħi rāqībun ʿatīd
Fa-min-na l-Walīdu wa-min-na r-Rašīd
Fa-lim lā nasūdu wa-lim lā našīd

歌詞

حــماةَ الــديارِ عليكمْ ســلامْ  أبَتْ أنْ تـذِلَّ النفـــوسُ الكــــرامْ
عــرينُ العروبــةِ بيـتٌ حَـرام  وعـرشُ الشّــموسِ حِمَىً لا يُضَــامْ

ربوعُ الشّــآمِ بــروجُ العَـــلا  تُحاكي السّــماءَ بعـالي السَّــــنا
فأرضٌ زهتْ بالشّـموسِ الوِضَــا   سَـــماءٌ لَعَمـــرُكَ أو كالسَّـــما

رفيفُ الأمــاني وخَفـقُ الفــؤادْ  عـلى عَــلَمٍ ضَمَّ شَـــمْلَ البــلادْ
أما فيهِ منْ كُلِّ عــينٍ سَـــوادْ   ومِـن دمِ كـلِّ شَـــهيدٍ مِــــدادْ؟

نفــوسٌ أبـاةٌ ومـاضٍ مجيــدْ  وروحُ الأضـاحي رقيــبٌ عَــــتيدْ
فمِنّا الوليـــدُ و مِـنّا الرّشــيدْ   فلـمْ لا نَسُــودُ ولِمْ لا نشـــــيد؟

歌詞 日本語訳

希望の光 胸の鼓動が
そのたったひとつの旗で
国々を統一させただろう
そこには黒き瞳 殉じた者の血の色が
描かれているのではないか
闘魂と 誉れの歴史を持ち 殉じた者の魂こそ
屈強なる守護者
アル=ワリードもアッ=ラシードも
われらの仲間 われらこそ人々と共に立ち
この国を高く築こうではないか

歌詞 カタカナ読み

ホゥマータッディヤーリ アライコムサラム

アバット アンタゼーラ ヌフースルキラム

アリーヌル アウルーバティ バイトゥン ハラム

ワ アルシュッシュ ムースィ ヘマン ラーユダム

ルブーウッシャアーミ ブルージュ アラ

トゥハーキッ サマーア ビアーリッサナ

ファアルードンザハット ビッシュ ムースィルウィダ

サマーウン ラ アッムルカ アウ カッサマ

国歌に関するリンク

【政府ポータル “憲法”】
https://egov.sy/page/en/137/0/Constitution.html

【議会 “シリア・アラブ共和国の国旗、国歌、国章の識別
http://parliament.gov.sy/arabic/index.php?node=201&nid=10014&RID=-1&Last=9715&First=78&CurrentPage=125&Vld=-1&Mode=&Service=&Loc1=&Key1=&SDate=&EDate=&Year=&or=%20ORDER%20BY%20%20service&Country=&Num=-1&Dep=-1&src=203&

【Syrian Modern History “تحديد العلم الوطني والنشيد الوطني والشعار الوطني للجمهورية العربية السورية”】
https://syrmh.com/2020/04/19/%D9%85%D8%B1%D8%B3%D9%88%D9%85-%D8%AA%D8%AD%D8%AF%D9%8A%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D9%84%D9%85-%D9%88%D8%A7%D9%84%D9%86%D8%B4%D9%8A%D8%AF-%D9%88%D8%A7%D9%84%D8%B4%D8%B9%D8%A7%D8%B1-%D8%A7%D9%84%D9%88/

【外務省 “النشيد العربي السوري”】
http://mofaex.gov.sy/ar/pages262/%D8%A7%D9%84%D9%86%D8%B4%D9%8A%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%B1%D8%A8%D9%8A-%D8%A7%D9%84%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A

【ダマスカス アラビア語アカデミー “نشأته وحياته”】
http://www.arabacademy.gov.sy/ar/page16213/%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%B3%D8%AA%D8%A7%D8%B0-%D8%AE%D9%84%D9%8A%D9%84-%D9%85%D8%B1%D8%AF%D9%85-%D8%A8%D9%83

【HaykalMedia “الاخوان فليفل يعملان على تلحين النشيد “حماة الديار” لعرضه على رئيس مجلس النواب فارس الخوري – 1938”】
http://www.syrianhistory.com/ar/photos/2900?tag=%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%AE%D9%88%D9%8A%D9%86+%D9%81%D9%84%D9%8A%D9%81%D9%84

関連記事

国歌破壊者と称される エジプト国軍音楽隊
http://www.kokkanowa.net/egypt_brok/

ワリフ ハラビ シリア・アラブ共和国代理大使インタビュー 前篇
http://www.kokkanowa.net/iv_syriaamb/