リヒテンシュタイン公国 国歌

004_リヒテンシュタイン_DL

概要

タイトル 

Oben am jungen Rhein(オーベン・アム・ユンゲン・ライン)/若きライン川の上流に

作詞

ヤコブ・ヨーゼフ・ヤオホ

作曲

不詳

採用年

1963年

 

成り立ち

ドイツ人神父によって作られた詩は5番まであったが現在はうち2つが公式に国歌の歌詞として残る。

メロディはイギリス国歌「ゴット・セーブ・ザ・クイーン」と同じ。なぜそうなったのかは歌詞同様公式文章が残っていないため不明。

過去「ゴット・セーブ・ザ・クイーン」を使っていた国家は少なくない。以前紹介したカナダもその1つ。リヒテンシュタインの隣国が当時このメロディで国歌を歌っていたためその影響を受けて作られたと考えられている。

 

コメント

タイトルの「若きライン川」という表現は、リヒテンシュタインがライン川の上流に国家があることを指している。

イギリス国歌同様荘厳で落ち着きのある歴史を感じさせるメロディと歌詞。国歌が選ばれた当時、イギリス国歌のメロディが流行っていたことが理解できる。歌詞もとても美しい。澱みのない歌だ。

 

歌詞日本語読み

オーベン アム ユーンゲン ライン

レーネット ズィッヒ リーヒテンシュタイン

アン アルペン ホ(ヘ)ーン

ディース リーベ ハーイマートラントゥ

ダス トオウレ ファータラントゥ

ハット ゴォォテェェス ヴァーイゼハントゥ

フゥ(ェ)ア ウンス エアゼーン

 

こんな時に聞きたい

落ち着きたい

 

大使館で国際交流イベント エチオピア大使館編

その国の料理を食べて
その国の人と交流し
その国の国歌を歌い
その国を知るイベント『ワールドフードラリー』
今回はエチオピア大使館での開催です。
エチオピア料理にビールに人にダンス・・・溢れ出る魅力を大使館で体感していただきます^^