インドネシア共和国 国歌

023indonesia_DL(加工済)

概要

タイトル 

Indonesia Raya(インドネシア・ラヤ)/偉大なるインドネシア

作詞

ワゲ・ルドルフ・スプラットマン

作曲

ワゲ・ルドルフ・スプラットマン

採用年

1949年

 

成り立ち

オランダの支配下にあった1928年、

ワゲ・ルドルフ・スプラットマンがインドネシア青年会議(インドネシアの独立に関して民族主義者たちによって開催された)でこの歌を披露した。

3つのセッションで行われた会議で、最後のセッションの際参加者に向け演奏され、

以降独立を目指す人々の間で愛唱歌として広まっていく。国歌制定は独立の1949年まで待つこととなる。

 

コメント

国歌制定までのおよそ20年間、

支配下に置かれる屈辱に耐え歌われ続けた曲の重みは計り知れない。

どこか親しみやすいメロディはとても心地よい。

歌詞にはインドネシアを愛す若者が書いた自国への想いが詰まった言葉が並ぶ。

歌う際は右手で敬礼をしながら。

インドネシアでは毎週月曜日、幼稚園から高校まで各施設で朝国歌を斉唱する。

ちなみに東京の目黒区にある東京インドネシア共和国学校でも月2回歌われる。

 

歌詞日本語読み

インドネシア タナー アイルク

タナ トゥムパー ダーラ(ハ)ーク

ディ サナラー アクー ベルディーリィー

ジャディ パンドゥ イブク

インドネシア クェバングサアンク

バンサ ダン タナー アイルク

マリラー キーター ベルセ(ス)ール

インドネシア ベルサトゥ

ヒデゥプラー タナ(ハ)ク ヒデゥプラー ネグリク

バングサク ラクヤトク セムアーンヤ

バングンラー ディーワヤ バングンラー バーダニャ

 

【以下2回繰り返し】

(ウ)ントゥク インドネシア ラヤ

インドネシア ラヤ メルデカ メルデカ

タナクー ネグリク ヤング クシーンタ

インドネシア ラヤ メルデカ メルデカ

ヒデゥプラー インドネシア ラヤ

 

こんな時に聞きたい

元気になりたい

 

【残席5】大使館で国際交流 ニカラグワじゃないよ、ニカラグア編

その国を知り、その国の料理を食べ、その国の方(外交官)と交流し、その国の国歌を歌って、楽しく様々な国の魅力を知ろうというイベントです!
今回は中米最大の面積を持つニカラグア。

会場は複数の大使館が入るKOWAビル内にあるラテンアメリカサロンで開催します。

大使館に行ってみたい!
外交官と国際交流がしたい!!
様々な国の料理が食べたい!!!
知らない国の事が知りたい!!!!

そんな皆さんにおすすめです。

~イベント詳細~
【日時】 
2019年11月8日(金) 
18:30~21:30(開場18:00)
遅れてご参加の場合事前にお知らせください。
対応可能です。

【場所】 
ラテンアメリカサロン(ニカラグア共和国大使館と同じ建物)
(東京都港区西麻布4丁目12−24 興和ビル8F)

【参加資格】
中学生以上

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②ニカラグア料理を食べながら外交官・参加者との交流
 ニカラグアコーヒー、お酒出ます。
③ニカラグア国歌斉唱
 (カタカナ表記の歌詞を見ながら練習をします)
④民族衣装の試着(希望者)
⑤大使館提供の景品をかけた大使とジャンケン大会