マルティニーク賛歌が決定!その名も「Lorizon」

海外県が独自の賛歌を定めた際、その歌が“国歌”にはなりません。しかし、その地域の人々が選んだ歌。国歌好きとしては気になります。

5月、そんな海外県の一つマルティニークに賛歌が出来たという情報が。どんな国歌なのでしょうか。

この情報を知ったのはTwitterでマルティニークが新しい国旗を決めたという記事を発見しそれをリツィートしたところ、当プロジェクトをフォローしてくれている@kahusiさんが「同時に歌も作っている」と教えてくれました。

@kahusiさん、ありがとうございます!!

情報を集めてみました。

 

そもそもマルティニークって?

カリブ海に浮かぶ西インド諸島にあるフランスの海外県の1つ。

約40万人のほとんどはアフリカ系黒人の子孫がほとんどで、ほかに白人との混血であるクレオール人、中国人、インド人などがいます。コロンブスが「世界で最も美しい場所」と褒めた場所だと伝えられています。

 

マルティニーク賛歌「Lorizon」ってどんな曲?

まずは聞いてください。曲だけで最後まで聞ける動画が発見できませんでした。下記動画の2:22~から御覧ください。

 

ノリの良いみんなで歌いたくなるような曲です。

5月10日、マルティニーク大学スポーツ研究所で行われた発表会で歌われた際は地元の方々が手拍子をしながら歌われました。

 

応募されてきた30の曲を選考委員により3つの賛歌が選ばれ、住民投票が4月8~15日の一週間行われました。詳細を知りたい方か下記の選考委員会が制作した公式資料を御覧ください。

http://www.collectivitedemartinique.mq/wp-content/uploads/2018/11/Hymne-Martinique-R%C3%A8glement-de-consultation.pdf

 

受賞したのはMrs Rosetta Varasse(ロゼッタ ヴァラッセ)さん。優勝者には10.000ユーロが送られました。今回決まった賛歌は文化やスポーツイベントで使用されます。

 

歌詞

Nou pep Matinik

Doubout dèyè ich nou mété yo douvan

Pou nou gadé lorizon

Anba son tanbou ranmasé tout fos ou

Solidarité

Pou goumen ba péyi nou

An ba fos lanmou

jénes doubout lité

Goumen pou rivé

Pou tann Matinik chanté

Sé fos linion

Ka mennen nou

Nou tout la batjé

Pou fè Matinik kléré

(赤字部分繰り返した後Refrainへ)

【Refrain】

Lorizon sé lespwa

Sé fos pou ni la fwa

Fwa pou nou wouvè

Chimen lanmou ba ich nou

Lorizon sé douvan

Sé fos pou pran balan

Balan pou goumen

Pou nou sové libèté

Nous martiniquais

Parmi tous nos enfants

Relevons la tête

Regardons tous l’horizon

Au pas du tambour

Ramassons nos efforts

Solidarité

Pour sauver l’humanité

Suivons les rangs

de la victoire

Avançons unis

Redonnons vie au pays

(赤字部分繰り返した後Refrainへ)

大使館で国際交流イベント エチオピア大使館編

その国の料理を食べて
その国の人と交流し
その国の国歌を歌い
その国を知るイベント『ワールドフードラリー』
今回はエチオピア大使館での開催です。
エチオピア料理にビールに人にダンス・・・溢れ出る魅力を大使館で体感していただきます^^