国歌好きに衝撃 スロバキアで他国国歌の斉唱禁止法案成立!?

他国国歌禁止法案の内容は?

2019年3月下旬、スロバキアで衝撃的な法案が議会を通過したというニュースがヨーロッパメディアを中心に配信され国歌好きの間で衝撃が走りました。

 

“公式の外国人代表団訪問時を除き、スロバキア国歌以外の全ての国歌を歌うことを禁止する”

 

5月中旬に有効になるこの法律は、罰則として7000ユーロという罰金が発生する本格的なものであることが国歌ファンを更に驚かせました。例えばブラジルでは国旗などのシンボルを商用目的で使ってはならないと法律で規定しているものの堂々と販売され具体的な罰則がありません。

当プロジェクトは出会った人の出身国国歌を歌うことで国際交流をしようと提案しているのでこの法案が成立したら大変なことになってしまいます^^;

なぜ国歌禁止法案が議会に提出されたのか

国歌を含む国のシンボルを保護する法案を議会に提案したのは、自らナショナリストと豪語する民族主義政党のスロバキア国民党(SNS)。

表向きの提出理由は、州のアイスホッケーチームのジャージに書かれたロゴが州のシンボルではなくアイスホッケーのスティックを表すロゴだったというものですが目的は別にあるようです。

議会で、元サッカー スロバキア代表選手でSNS所属議員DušanTittelが、ハンガリー系スロバキア人サポーターが多いFC DAC 1904DunajskáStredaによるキックオフの前のハンガリー国歌斉唱が法案の提出の主な動機だと明らかにしています。

FC DAC

法案通過後、FC DACの公式Twitterアカウントでは抗議の国歌斉唱動画をアップ

サッカーの試合や教会などハンガリー国歌を歌う機会が多いハンガリー人にとっては見過ごせない事態です。

めちゃくちゃ少数なのではと思っていたらなんと総人口の8%がハンガリー人。そしてこの8%のハンガリー人が支持母体とする政党もあるんです。しかも最大与党と連携し政治のプレーヤーとなっています。そんな彼らはこの法案を何故反対しなかったのでしょうか?

法案通過は議員の怠慢が原因!?

驚くべきは、スロバキアに住んでいるハンガリー系住民が支持母体であるMost-Hid党の議員が賛成票を投じたことです。Most-Hidはハンガリー語で”架け橋”を意味しスロバキア人とハンガリー人の共存を目的としています。

同党はスロバキア最大与党のSmer-SDと連立を組んでおり、法案成立には欠かせない存在。ちなみに提案したSNSも連立に参加しています。

スロバキア議会は一院制で全150議席中過半数の承認で意思決定がされるのですが、Smer-SD・Most-Hid・SNS合わせて76議席持っています。Most-Hidは13議席を持っているため与党勢力にとって重要な存在です。ならば法案に反対し廃案に持っていくことも出来たはず。なぜ彼らは賛成したのでしょうか?

Most-Hid党首Béla Bugárは法案通過後「誤って投票した」と声明を出しています。

信じられない話ですが法案をしっかり把握していなかったと・・・

恐ろしい話です。

Béla Bugárは4日に大統領に法律を拒否し、修正のために議会に返還するよう要求したと述べました。法案成立には議会通過後、大統領の承認が必要なためです。Andrej Kiska大統領はその要求を検討することを約束し、法案に投票する前に注意深く読むべきと議員に注意したとのこと。

結果、11日に「明確で合理的な目的を持っていない」と法案を拒否したと大統領府が声明を出しました。

これで廃案の公算が高くなったわけです。

国歌好きの一人としては一安心^^;

国歌から見える不寛容な社会の広がり

南アフリカでは黒人優遇主義を主張する”経済的開放の闘士(以降EFF)”のスポークスマンが

「国歌にある”南アフリカの叫び声”のパートは抑圧と屈辱の遺産だ。我々はそれを国歌として誇りには思えない」

と声明を発表。

アパルトヘイトを行っていた時に使われていた国歌”南アフリカの叫び声”を排除することで黒人社会を作ろうと主張しています。

また、今年2月にはニュージーランド北島西海岸にある都市ニュープリマスのMurch Chong評議員議員がSNS上で

「歌っていることを恥じている曲」として「マオリ語版国歌」と投稿し問題になりました。

 

国歌が持つ特殊さは、国が抱える民族問題をより鮮明にします。排他的な考えがたとえ一握りの人たちの思想だったとしても国歌が絡むとインパクトを持って社会に出てきてしまう。それが社会にじわじわ広がることがあるという事実を忘れてはいけません。

今回の法案はハンガリー系住民を狙い撃ちにしたものです。共存の道ではなく排除を鮮明にすることが国にとってメリットになり得るのでしょうか?

この法案が完全な廃案となることを切に願います。

大使館で国際交流イベント エチオピア大使館編

その国の料理を食べて
その国の人と交流し
その国の国歌を歌い
その国を知るイベント『ワールドフードラリー』
今回はエチオピア大使館での開催です。
エチオピア料理にビールに人にダンス・・・溢れ出る魅力を大使館で体感していただきます^^