2016-05-24

What’s国歌の輪プロジェクト

―目的と活動―

国歌を使った国際交流の促進。
国歌から他国への理解を深めることで日本人と外国人のかけ橋を作り多文化共生社会の実現を目指す。

 

―なぜ国歌?―

代表の浅見は海外旅行が好きです。特に旅先で出会った人と交流することに最高の喜びを感じます。
それは、その国に息づく魅力を感じることが出来るからです。
しかし英語が苦手だったため会話のきっかけをいつも考えて出国していました。
けん玉 オカリナ 南京玉簾・・・・
そんな試行錯誤をする中で出会ったのが国歌でした。
現地のイタリア人にイタリア国歌を歌ってもらった時
「コミュニケーションツールに使える」
と感じました。
結果は大成功!
カタカナで覚えた国歌を旅先で歌えば、まず驚かれ、そこで人の輪が出来すぐに仲良くなることが出来ました。
もちろん日本でもそれは同じです。海外の方に出会った時に国歌を歌うと好意的に受け止められました。
国歌は最強の国際交流ツールです。
さらに
国歌は国を代表する歌です。
そのためメロディや歌詞は、その国の歴史や文化、時には社会体制を表現しています。
国歌を読み解く事で世界中にある国々を知る事が出来るのも国歌の魅力です。

 

―なぜ国歌を録音するの?―

私はいつもボイスレコーダーを持ち歩いています。出会った外国人たちに「あなたの国歌を歌ってほしい」をお願いし歌声を録音するためです。

手当たりしだいお願いするのではなく、その人の人となりを知ってからお願いしています。

インターネットで国歌を聞くことができますが、目の前で歌ってもらった国歌に勝るものはありません。

歌声には歌い手の国に対する想いを感じることができます。

歌い方を忘れてしまい言葉に詰まるイラク難民、止めに入っても歌い続けるパレスチナ人、女王を敬う国歌を嫌々歌う王室嫌いのイギリス人・・・

多くの歌い手と出会い彼らの歌を録音してきました。

国を形成しているのは国民です。彼らと出会い交流することで国を知ることはとても重要です。

 

【HP】 http://www.kokkanowa.net/

国歌の関する情報やイベントレポートを掲載

【Facebook】 https://www.facebook.com/kokkanowa/

最新のイベント情報などを発信しています。