ベネズエラ・ボリバル共和国 国歌

008ベネズエラ_EM6

概要

タイトル 

Gloria al Bravo Pueblo(グロリア・アル・ブラァウボ・ポエブロ)/勇敢なる人民に栄光を

作詞 

ビセンテ・サリアス

作曲 

フアン・ホセ・ランダエダ

採用年 

1881年

 

成り立ち

18世紀後半フランス革命によって宗主国スペインの国力が弱体化。

それに伴い多くの南米の国が独立を宣言。その独立運動の始まりとなったのがベネズエラだった。独立の急先鋒となっただけあって歌詞の内容は独立を誇りが1~3番を通して歌われる。

作詞者、作曲者は共に独立戦争に参加した人物で、2人とも後に捕まり同じ年に処刑されている。

独立戦争と深い関係のある国歌の一つで「ベネズエラのマルセイエーズ」の異名を持つ。

 

コメント

これを歌って気持ちが高揚しないはずがない!

明るい曲調は南米の国々の特徴のひとつ。オペラのような気高さもある。

フレーズの繰り返しが巧妙に組み込まれ歌い手の心をひきつける。インターネット上で53代大統領のチャベス氏と国民が一緒に国歌を歌う動画は必見。

そこでは見事なリフレインの掛け合いを見ることが出来、一見の価値あり!

国歌が国をまとめる力を持った歌だということを改めて実感させられる。

 

歌詞日本語読み

グローリャルブラボ プエーブロ クェルユゴランゾー

ラレーイ レスペターンド ラーベル トルゥキョノー

グローリャルブラボ プエーブロ クェルユゴランゾー

ラレーイ レスペターンド ラベル トルゥキョノー

アバーホ カデーナス  アバーホ カデーナス

ギターバル セニョール  ギタバァル セニョール

イエル プローブレン ス チョーザー

リベルター ピーディオー

アエステ サント ノーンブレー テンプロデズパーヴォール

エル ビーレーゴー イーズモー ケオトラベス トリィンフォー

アエステー サント ノーンブレ アエステ サント ノーンブレ

テンプロデパ ボール エルビール エーゴーイーズモ

ケオトラベス トリィンフォーー

エビレゴー イーズモ ケオトラベス トリィンフォー

グローリャルブラボ プエーブロ クェルユーゴランゾー

ラレーイ レスペターンド ラーベル トルゥキョノー

グローリャルブラボ プエーブロ クェルユーゴランゾー

ラレーイ レスペターンド ラベル トルゥキョノー

 

こんな時に聞きたい

元気になりたい 気持ちを高めたい

 

【満員御礼】大使館で国際交流 ニカラグワじゃないよ、ニカラグア編

【現在キャンセル待ちを受付中です】
その国を知り、その国の料理を食べ、その国の方(外交官)と交流し、その国の国歌を歌って、楽しく様々な国の魅力を知ろうというイベントです!
今回は中米最大の面積を持つニカラグア。

会場は複数の大使館が入るKOWAビル内にあるラテンアメリカサロンで開催します。

大使館に行ってみたい!
外交官と国際交流がしたい!!
様々な国の料理が食べたい!!!
知らない国の事が知りたい!!!!

そんな皆さんにおすすめです。

~イベント詳細~
【日時】 
2019年11月8日(金) 
18:30~21:30(開場18:00)
遅れてご参加の場合事前にお知らせください。
対応可能です。

【場所】 
ラテンアメリカサロン(ニカラグア共和国大使館と同じ建物)
(東京都港区西麻布4丁目12−24 興和ビル8F)

【参加資格】
中学生以上

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②ニカラグア料理を食べながら外交官・参加者との交流
 ニカラグアコーヒー、お酒出ます。
③ニカラグア国歌斉唱
 (カタカナ表記の歌詞を見ながら練習をします)
④民族衣装の試着(希望者)
⑤大使館提供の景品をかけた大使とジャンケン大会