パナマ共和国 国歌

 

概要

タイトル 

Himno Istemño(イムノ・イステムニオ)/地峡讃歌

作詞

ヘロニモ・デ・ラ・オッサ

作曲

サントス・ホルヘ

採用年

1925年

 

 

成り立ち

1903年コロンビアから独立した際にあったのは国旗と国章だった。

国歌は制定されていなかったが、アメリカからの大使を招く上で国歌が必要となり急遽作られることに。

その後正式な国歌を制定するため公募をしたが

国民が選んだのは結局急遽作られたこの歌だった。

歌詞は初代大統領の奥さんの弟が書き、国旗は大統領が自ら発案し婦人が作成したとされる。

身内で国歌の象徴を決め国民が納得しているというところが興味深い。

 

 

コメント

途中曲調が変わる国歌の代表的なメロディの一つ。

楽譜を見ると「エスプレシーソ」の所から”meno mosso(今までより遅く)”の指示がある。

前半のテンポのいい曲調から穏やかなメロディ、

そのあと前半のテンポのいいメロディを再び持ってくる構成は歌い手を飽きさせない。

 

 

歌詞日本語読み

アルカンサーモス ポルフィンラ ヴィクトーリィア

エンエル カンポ フェリース デーラ ウニオン

コン アルディエンテス フルゴーレス デ グローリア

セーイルミーナ ラ ヌエーヴァ ナシィオーン

コン アルディエンテス フルゴーレス デ グローリア

セーイルミーナ ラ ヌエーヴァ ナシィオン

 

エスプレシーソ クウブリール コンウン ヴェーロ

デル パサード エル カルヴァリオ イラ クルーウズ

イーケ アドルネ エル アスール デ トゥシィエーーロ

デ コンコルディア ラ エスプレンディダ ルーウス

エル プログレーソ アカリーシア トゥス ラーレス

アル コンパス デ スブリーメ カンシオーーン

ヴェス ルウヒール アトゥス ピエス アムボス マーレス

ケーダン ルムボ アトゥ ノーブレ ミシオン

 

アルカンサーモス ポルフィンラ ヴィクトーリィア

エンエル カンポ フェリース デーラ ウニオン

コン アルディエンテス フルゴーレス デ グローリア

セーイルミーナ ラ ヌエーヴァ ナシィオーン

コン アルディエンテス フルゴーレス デ グローリア

セーイルミーナ ラ ヌエーヴァ ナシィオーン

 

 

こんな時に聞きたい

元気になりたい