シリア・アラブ共和国 国歌

概要

タイトル

حــماةَ الــديارِ(ホゥマータッディヤール)/祖国の防衛者たちシリア,国旗,国歌

作詞

ハリール・マルダム・ベイ

作曲

モハンマド・サリム・フレイフェル

アハマド・サリム・フレイフェル

採用年

1936年

 

成り立ち

シリア国歌は我慢と復活の歴史を持つ。

1938年コンテストが行われ現国歌『祖国の防衛者たち』が国歌として採用される。

しかし、シリアでは同国歌の初演は1946年と記録されている。

それはなぜか。

1920年からフランスの統治下にあったシリアは1936年にフランスと同盟条約を締結し事実上の独立を果たす。

それを契機に作られたのが今の国歌。

しかし、シリアは同盟関係であったフランスがドイツと停戦協定を結んだことで、連合国の進軍に合う羽目に。

1940年には連合軍に首都ダマスカスを占領されてしまう。

本当の独立を果たしたのは第二次世界大戦終結後の1946年。

初演の記録が1946年になっているのはこのため。

ちなみに、行われたのは4月17日の独立記念日。ダマスカスで行われた軍事パレードの場だった。

その後1958年エジプトとアラブ連合共和国を結成すると国歌が変わるが1961年にクーデターが起こると連合は解消。

シリアが再び独立すると国歌も復活する。

 

 

コメント

シリアの人たちの多くは国歌に誇りを持っています。

小学校では毎週月曜日、校庭で全校生徒が国旗を掲揚しながら国歌を歌います。

教科書には国旗に敬礼する人のイラストと共に歌詞が書かれているものも。

授業では内容について理解できるよう授業で取り扱われ、歌詞やその意味を問うテストもある。

作詞者、作曲者ともに国内では知られた存在で作曲者のモハンマド・サリム・フレイフェルは同国の第一級功労勲章を受章。

ちなみに作曲者のふたりは兄弟。

憲法では、演奏中軍人は敬礼、国民は敬意を持って起立すること求められている。

また国歌の内容変更には議会の承認と国民投票が義務付けられており、いかにシリアが国歌を大事にしているかがわかる。

 

 

歌詞日本語読み

ホゥマータッディヤーリ アライコムサラム

アバット アンタゼーラ ヌフースルキラム

アリーヌル アウルーバティ バイトゥン ハラム

ワ アルシュッシュ ムースィ ヘマン ラーユダム

ルブーウッシャアーミ ブルージュ アラ

トゥハーキッ サマーア ビアーリッサナ

ファアルードンザハット ビッシュ ムースィルウィダ

サマーウン ラ アッムルカ アウ カッサマ

 

こんな時に聞きたい

元気になりたい テンションを上げたい

 

【残席5】大使館で国際交流 ニカラグワじゃないよ、ニカラグア編

その国を知り、その国の料理を食べ、その国の方(外交官)と交流し、その国の国歌を歌って、楽しく様々な国の魅力を知ろうというイベントです!
今回は中米最大の面積を持つニカラグア。

会場は複数の大使館が入るKOWAビル内にあるラテンアメリカサロンで開催します。

大使館に行ってみたい!
外交官と国際交流がしたい!!
様々な国の料理が食べたい!!!
知らない国の事が知りたい!!!!

そんな皆さんにおすすめです。

~イベント詳細~
【日時】 
2019年11月8日(金) 
18:30~21:30(開場18:00)
遅れてご参加の場合事前にお知らせください。
対応可能です。

【場所】 
ラテンアメリカサロン(ニカラグア共和国大使館と同じ建物)
(東京都港区西麻布4丁目12−24 興和ビル8F)

【参加資格】
中学生以上

【内容】
①大使館職員によるお国紹介
②ニカラグア料理を食べながら外交官・参加者との交流
 ニカラグアコーヒー、お酒出ます。
③ニカラグア国歌斉唱
 (カタカナ表記の歌詞を見ながら練習をします)
④民族衣装の試着(希望者)
⑤大使館提供の景品をかけた大使とジャンケン大会