オーストラリア連邦 国歌

013_オーストラリア

概要

タイトル 

Advance Australia Fair(アドヴァンス・オーストラリア・フェア)/進め 美しのオーストラリア

作詞 

ピーター・ドッヅ・マコーミック

作曲 

ピーター・ドッヅ・マコーミック

採用年 

1984年

 

成り立ち

オーストラリアはイギリス連邦王国の一国。

連邦王国の中にはアンティグア・バーブーダのようなイギリス国歌「神よ、女王を護りたまえ」と自国の国歌2曲を

正式な国歌としている所もあるが、オーストラリアのようにそれまでのイギリス国歌を改め自国の国歌に変えたところもある。

オーストラリアが独自の国歌に変えたのは1974年。

この年はイギリスがEUの前身ECに加盟したことでオーストラリアはアジアに外交の軸をシフト。

イギリスとの関係が薄まり自国の国歌を持つという意識が高まった。

そんな中、現在の国歌「進め 美しのオーストラリア」が国歌とし最適と国民の声が上がります。

1977年、国民投票で40パーセント以上を獲得し1984年正式に国歌に制定されました。

ちなみに2位のワルチング・マチルダは現在でも人気が高く、

以前オーストラリア人に国歌を歌ってほしいとお願いをしたらワルチング・マチルダを歌っていました。

国歌以上に人気があると彼は言っていたが、それには賛否両論でしょう。

しかしそう言ってしまえるほどワルチング・マチルダは人気だということですね。

「進め 美しのオーストラリア」は投票が行われる100年ほど前には演奏されてることが確認されています。

1878年に初演。独立した1901年には国の発足式で1万人の合唱が行われました。

 

コメント

どこかフォークソング的なものを感じる曲で国歌がどこか重くて堅苦しいというイメージを変えてくれる。

この国歌はいくつかの曲と争った経緯があり僅差で負けたのが「ワルチング・マチルダ」。

当時の占領国イギリスに対する反発が歌詞に盛り込まれているがとても陽気で一緒に歌いたくなる。

日本にはない感覚だが”国歌に準ずる曲” というのが結構ある。

「Advance Australia Fair」も一緒に歌いたくなること間違いなし。さすが接戦を征し選ばれた曲。

最後の”Advance Australia Fair”の部分は是非ためて歌ってほしい。

 

 

歌詞日本語読み

オーストレーリャ ゾンレー ターストゥリ ジョイス

フォーウィーアー ヤング アン フリー

ウィブ ゴウルデン ソォィラン ウェール フォ トォィル

アワー ホーム イズ ガァット バイ シー

アワー ラウーンダ バウンジン ネーチャズギフ

ツオービュウティ リッチ アン レー

イン ヒーストゥリス ペィジ レー エーーブリ スティジ

アド バンッス オストレーリャ フェー

イン ジョイフル ストレイン ゼン レータス シング

アド バーンッス オストレーーリャ フェーー

 

 

こんな時に歌いたい

元気になりたい みんなで歌いたい