エチオピア連邦民主共和国 国歌

概要

タイトル 

Wodefit Gesgeshi, Widd Innat Ityopp’ya()/親愛なる聖エチオピア

作詞

デレジェ・メラク・メンゲジャ

作曲 

ソロモン・ルル・ミティク

採用年 

1992年

 

成り立ち

国家体制が変化するたびに国歌も変わってきた。

帝政国家、社会主義国家、1995年に現在の連邦民主主義国家となる。国家が採択されたのはその3年前。

社会主義から意向する期間に作られた暫定政権が誕生した時だった。

民族は異なるが国民の大半が歌える。

 

コメント

思い込みと言わないで欲しい。

メロディが演歌っぽい!

よくエチオピアの歌は演歌っぽいと言われるが国歌も例外ではない。

朝鮮戦争に参加したエチオピア兵が日本の港を訪れた際持ち帰ったという話もある。

 

歌詞日本語読み

イェーゼーゲナテケーベレ バーイチオピャチェンネーセント

ターイェー ヘゼバーウィネーテ ダーレー ケダーレートー

レッセェラッメ レッフェテ レヘゼボネサネテ

ベックレネ  ベッフェクィー コメーナレバネデネー

メッセレー テッセヌー セベナ ヤァシャレーン

ヘボネン レゼラー ベセラ イェノレン

ディーケバーへーメデー ヤリーーク バーレテ

イェーテフェトロ セガー イェージェーナー ヘーゼナー

エーンテ ベーケシャレー アレーベ アーデラ

イーチオピアン ネヌリ エナー バニーチ ネクラー

 

こんな時に聞きたい

こぶしをきかせたい