エチオピア連邦民主共和国 国歌

概要

タイトル

Wodefit Gesgeshi, Widd Innat Ityopp’ya(ウォデフィット ゲスゲシィ ウィド インナット イティオピア)/

前進せよ 発展せよ 親愛なる聖エチオピア

 

作詞

デレジェ・メラク・メンゲジャ

 

作曲

ソロモン・ルル・ミティク

 

採用年

1992年

 

成り立ち

帝政国家、社会主義国家、1995年に現在の連邦民主主義国家という歴史を持つ同国だが、

国家体制が変化するたびに国歌も変わってきた。

現在の国歌が採択されたのは、連邦民主主義へ移行する3年前。

社会主義から移行する際に作られた暫定政権が誕生した時だった。

 

コメント

思い込みと言わないで欲しい。

演歌っぽい。

よくエチオピアの歌は演歌っぽいと言われるが国歌も例外ではない。

朝鮮戦争に参加したエチオピア兵が日本の港を訪れた際演歌を気に入り持ち帰った物が広まったという話も。

学校で毎朝歌うということもあり、国民のほとんどが歌うことが出来る。

毎年秋の『Flag Day』には各国にあるエチオピア大使館、市役所、スタジアムなどで国旗を掲揚し国歌を流す。

歌う時は国旗を見ながら直立するのが慣例。

 

歌詞日本語読み

イェーゼーゲネーツ ケーべレ

バァイチィヨーピャチェン セーント

ターイェー ヘゼバーヴィーネーテ

ダールエースケダール ベールト

レッセラム レッフェテー

レーヘゼボチ ネーサネテー

ベーコゥレント ベフェクェール

コォメーネル バンデネトー

メッセレー テッセヌー

セーベナン ヤルシャレーン

ヘッゼボッチナン レセラ

ベセーラ イェーノルレン

デーン クィェバーヘル メデレーク

ヤークィールクェルス バーレベート

イェーーテ ファトロセガイェー

ジェーガーナ ヘーズブーナート

エーンタ ベークェシャレーン

アレーベン アーデーラー

イーチィヨピャーチンヌリ

エンナーム バンチーエネークラー

 

こんな時に聞きたい

こぶしをきかせたい